*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝手なことをいいますが…ぱーと3
2度あることは…3度ありましたね。

こないだまでので、
豪雨は慣れてしまったので、
感覚がおかしくなってますが、
一月に3度も冠水してまうほどの雨は、
もうどうしてエエんかわかりません!
もうほんとに勘弁してください~

今のところ、
風がたいしたことないのが、まだいいが…。

たいふ~ん、早くいってしまってください~

各地の被害が大きくならないことを願います。。。

みなさまお気をつけて~!
スポンサーサイト
間引き完了!!


今年は去年の倍くらい作りました、これで半分ほど。エエ薄緑色してます。

たいふ~ん、お手柔らかにお願いします!!!!

昼からは台風対策せねば~。
あきらめる→つぶす→まき直す。


残念ながら、豪雨に打ちのめされた白菜に見切りをつけ、潰して、まき直す準備をしている写真。

今年は、白菜メッチャエエ感じやったのに…
白菜は、今が種まき時のギリギリのライン。うまくいけば巻くかもしれんけど、巻かん可能性も大。
今年は白菜をあきらめて、葉物に切り替えるのが一番無難な選択やけど。
目先の結果だけにこだわらず、あえて播いてみる。

思ったより大丈夫やったーというのは気のせいで、豪雨の影響は全然大丈夫じゃない感じでして。。。
9月に播いたものは、ほとんど播き直しが必要。
この時期は、もう少し様子を見るか、見切りをつけて播き直すかの判断も大事になってくる。

畑も限られているので、もとの作付計画なんか関係なしに、
とにかく播ける畑に播き直し、
その分、他のところで回せるように、作付計画を考え直す。

野菜は結構やられたけれど、
自分が打ちのめされたいないのが、せめてもの救い。

9月いっぱい、あと1週間が頑張り時。
野菜BOXしばらくお休みします。
●10月のお届けお休みのお願い

 大変不本意ですが、もともと野菜の少ない時期に加え、
 9月に入って立て続けの豪雨の影響もあり、
 10月1週(10/4)~3週(10/18)まで、野菜BOXのお届けお休みさせていただきます。

 ※いなべ市内の方限定でお届けします。少し種類の少ない時期ですので、お休みも遠慮なくお伝え下さい。
  再開は、10月4週(10/25)からの予定です。
  大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
農家は毎年1年生?ピンチはチャンス!
『農家は毎年1年生』っていうけれど…

生涯現役で学び続けることができる仕事であるという意味でもあるろうし、
同じ気候の年なんて二度とないんだからって意味もあるやろうし、
あと30年農業するにしたって、30回しか経験できない。
しかも、露地栽培である以上、雨も、風も防げない、気温を管理することもできない。
でも、ひねくれた言い方したら、『毎年1年生』って言葉に甘えたらアカンよねーって思う。

今回も、メッチャ雨降りました。
正直、畑、全然大丈夫でした!とはいえません。
町内には、1日だけやけど避難された方も、家などに少し被害のあった方もいるし。
今の時期は、播き直しのきかない(秋の播種時期はシビアで、1週間遅れれば収穫に至らない)ものも多いので、正直イタイことも結構あります。(今回でいったら、白菜とか、早生玉ねぎ苗とか。苗買ってこればエエんですが、そうゆもんでもないので)

今回は、他の地域以上に被害などがあったから、たまたま全国ニュースでも流れたけど、
あくまで、一有機農家として個人的なことを言えば、去年の台風の方が雨・風のダブルパンチできつかったかも。

最近の雨の降り方は『異常』かもしれないけど、それさえも『通常』になってきているので、
毎年1年生ではなくって、毎年の試練や教訓をいかして、それでも対応できるようになっていかないといけないなと痛感しています。

去年は今回以上の400mm以上の雨(+暴風)も経験してるし、
そのおかげで、今回(前回も)まだ水のついたままの畑は、それでも大丈夫な作物(里芋)だけを作付けしてあったり、(一部急きょほうれん草にしたところが浸かっている…)
人参の間引くのを遅らせて雨で傷んだ後に、傷んだものから間引いたり。

でも、まだまだ改善点はあって、畝の立て方、溝の切り方で、今回の雨ももっと防げたものもあると思う。
このへんは来年以降の課題ですね。

少し話はずれるけど、先日、見学にいった無肥料・自然栽培の農家仲間。

自然栽培とはいえ、草を生やしたやり方とか、ほったらかしではなく、
野菜がいかに健康に育つかを考え、その環境を、手をかけてつくりだしていました。

種採りはその一番肝で。豪雨に関してはどうしようもないかもしれないけど、
種を採り続けることで、その土地にあった種を残し、干ばつや冷害などがあっても、順応できるようになるはず。

僕自身、今年は、ある程度機械を導入して、ちょっと小手先に頼ろうとし過ぎてた気もする。10年・20年後でも負担なく続けられるようにというビジョンも一応あるのですが。

5月以降、いろいろとうまくいっていないことや、自分の身の丈以上にちょっと無理した部分など。
ピンチはチャンスってよくいうけれど、うまくいってないことも、軌道修正するいいキッカケにしていきないなと思う。
せっかくの機会、どんなことにでも意味がある。
っていうか、あとから意味があったんやなぁ~!と思えるようにしていきたい。
あ~アカンかったぁで終わっとっては、いつまでも成長できやんし、そうじゃなきゃ、もったいないし。
どんなことや失敗にでも意味はあるとかは、それをきちんととらえていい方向にもっていけたこそ、言える言葉だと思う。
自分は、まだそこまでいけていないけれど、たまにくる(今年は多いような気がしますが…)ピンチがいろいろ考えるキッカケを作ってくれている気がします。

…と、blogやお便りは、半分(以上?)自分への言い聞かせやと思って書いてます。

んで、毎回何か被害あったりとか、うまくいかんかった時の方が、いろいろ考えるのでメッチャ長くなります、
ちょっと今回は長すぎました。いつもお付き合いいただきありがとうございます。

迷ってるかもしれんけど、悩んでるってわけじゃなし、
前向きにとらえられているのでエエ感じです。

早く毎回安心して豊富な野菜を安定してお届けできる、立派な有機農家になりたいと思います。
ご心配ありがとうございます。
いろんなところから、大丈夫ですか?ってご連絡いただいてます。

ご心配ありがとうございます!!

めったに鳴らん家電話には、九州に住むオヤジの同級生から。
NHKの全国ニュースで、家からすぐのW建設うつってましたもんね。

畑は、正直…無事!とは言えませんが、
今日も美味しいビールいただいてますので、大丈夫です!!

気をとりなおして明日から、また頑張ります。

西藤原は避難されている方もみえるよう。
やっと雨もおさまってきたので、このまま何の被害のないことを願います。
勝手なことをいいますが…ぱーと2
もういい加減雨止んでくれてもエエんじゃない?!

もうお手上げです!

P1010998.jpg P1020004.jpg P1020006.jpg
ニンジン


そろそろ間引かねば~!
少し前までは、
『台風で田畑の様子を見に行った農家が流されて…』とかいうニュース見ると、
『そんなん行っても、人間の力では何ともならんのやで、行くだけ無駄やん!』って思っていたけれど、
どうしようもないのが分かっていながら、一応見回りに行くようになった自分がいる。
まぁ車からは降りずに一通り見回るだけやけど。




少し前までは、
雨・風の被害を受けると、いちいち凹んでいたけれど、
最近は、大きな気持ちで、それをも受け入れたうえで臨まないと、
露地での有機農業なんてやってられへんぞ!
と思うようになった。(ってまだまだ未熟なので、そこまではいたってないけれど)



まぁ、今回も雨はすごかったけど、そこまでの被害という被害ではなく、
まだまだ取り返すのつく程度で済んだから言えることかもしれないけど。
もちろん全てがうまくいくのがエエですけどね。
そーそーうまくいったらおもしろくないんかも。



ハウス栽培にしてまえば、風も雨も防いで、
ほとんど全てを人間が管理するわけで、
そんなんしたくて農業始めたわけじゃないから、
やっぱり自分にはこれが合っているとつくづく思う。



一方で、こんあニュースもあったり。
キャベツと白菜、出荷を停止…豊作で値崩れ

関東地方の渇水深刻化

干魃と不作 食糧危機の足音が近づく

これだけ、局地的に極端な天気が当たり前になってくると、
露地栽培は(有機とか慣行とかに限らず)、本当に、とても微妙なバランスの上に成り立っているような気がする。



一晩にして、こうなる。(写真は明日…)
こういうことを、BLOGを通して知ってもらうことも、
とても大切なことだと思ってUPします。



一部やられたニンジン。
でもここまで発芽が揃ったのは、お盆以降の雨のおかげ。




今年から、直播・無被覆に。
傷んで、弱ったことで、虫害に合わないかが心配の種。


発芽直後をたたかれた葉物達。回復するかな…。




今回は、まだまだ取り返すぞー!って思える。
そういや、ちょうど去年の今頃も台風でやられてたっけ。
http://yukifarm.blog54.fc2.com/blog-entry-319.html

それでも、いろいろ試練を受けながらも、
毎年少しずつ着実に前に進んでいるから、前向きにがんばりまーす!
勝手なことを言いますが…




雨が降らんかったら降らんかったで、降れっていうくせに、

降ったら降ったで、もう降るなって、

人間、勝手なもんですね。

でも…もうこれ以上は勘弁してね。

関東とか、水足りてないところに降らせてください。
愛車
 


愛車が1000時間を超えた。
車は走行距離やけど、トラクターは時間なんです。

重機をキレイに洗っている人に『洗うと力強くなるんけ?』という祖父の逸話があるように、
森家は、車も重機も完全実用主義。軽トラこそ、不朽の名作やと思っている。

今まで一度も洗車したことないくらい、車には、全く興味がないですが、

この愛車はもう買い換える予定もないので、大事に付き合っていかんとね。

これからも、しっかり働いてもらいます。
秋じゃが


秋じゃが植える。
最新記事
カレンダー&月別
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
耕作放棄地再生
15000㎡(約4500坪)           2010年4月末現在
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。