*All archives* |  *Admin*

育苗スタート!

写真がないのでわかりにくいですが、
今年の育苗スタートしました。ナス・ピーマン・トマトから。


1月ゆっくりし過ぎて、例年よりスタートが遅くなりそうでしたが、
きのう始めた温床作りも、急遽、えん農に来てくれることになったTクン
(12月からちょこちょこきてくれて今日で3回目)の頑張りもあり、午前中で完了!!!

午後からは、今年初の種まき始めました。

今年からは発芽器も導入したので、すんなり発芽してくれるでしょう…。
(うちの規模には贅沢過ぎる逸品ですが、将来的には苗の販売も目論んでいるので、得意のヤフオクで格安でゲット。
昨日も書いたけど、もはや温床作る意味がないような気がしますが…まぁエエでしょう。)


夏野菜苗は、かなり多めに播いているので、
なかなか手に入らない無農薬の有機苗が欲しい方は、ぜひご一報を。

ということで、今年も育苗始まってしまいました。
やはり育苗が始まると、いよいよスタート!気を引き締めねば!
という気になりますね。

今年も、ボチボチ動き出してます。
踏込み開始!
ということで、今年も始まりました、温床の踏み込み。
(落ち葉に米ぬか・水を加え、何十層にも踏込み、その発酵熱を寒い時期の夏野菜の育苗に利用、
落ち葉は腐葉土となり翌年の育苗培土に使える有機農業の伝統技術)


落ち葉を集める手間、踏込みにかかる労力を考えると、
ハッキリ言って、電熱線やマットの方が断然◎なのですが。
ってうちも電熱マットは導入済みで、わざわざ踏込む必要あるんかと思うこともしばしば。


でも、なんかこれ始めると『今年も始まったー!』って気がするので、やってます。
やっている理由は、ただそれでけ。いつまで続くかな。


でも、こないだ見学に来てくれた・朝市村仲間・のんのんマイちゃんのひと声で、
今年からは落ち葉に、刈り草(4立米を配達込で500円!)も加えることにしたので、
落ち葉集めの手間はなくなるし、育苗培土もできるし、やっぱりずっと続けようかな。


これは去年踏込んだミルフィーユ。
P1010213.jpg
これ出すのも結構大変でした。

んで今日から、踏込み始めた落ち葉。
P1010219.jpg P1010221.jpg 

明日も踏みます。また雪積もるのかー?!

昇り龍?!先日、ベタガケが10m以上舞い上がりました。中電さんお世話になりました。
P1010214.jpg



1月4週
2012.01.25

いつもありがとうございます!(今年はじめてお届けの方、今年もよろしくお願いいたします)

 寒いです、今年一番の寒波でしょうか。夕方収穫(冬場は朝野菜が凍るので出荷前日の夕方収穫です)している時点で、雪がチラホラ。すぐに積もりそうな雪なので、明日の朝にはしっかり積もっていそうな気がしますが…。
そろそろ育苗に向けて、育苗ハウスの片づけを。昨年落ち葉を踏込んだ作った温床(1.8m×3.6m×70cm)をスコップで掘り出す作業はなまった体にこたえました。中からは、カブトムシの幼虫がザクザク。掘りだした腐葉土は今年の育苗の培養土に。来週からは新しい温床も踏込む予定。

週末は、冬の間にマスターできるように、蕎麦打ちの練習へ。まだまだ先生の助けがないと、完璧にはいきませんが、あとは感覚をつかむまで、練習あるのみ。間をあけずに何度も練習しないといけないですね、でも自分で打った打ちたてはやっぱり美味しい。

蕎麦打ちのあと、就農2年目から、ずっと農業体験に来てくだり、野菜BOXをお届けしているお宅に夕食のお呼ばれしてきました。行ったとたん子供達の大歓迎をうけ(笑)。七輪の焼肉、おくどさんで炊いた野菜スープ、里芋コロッケもおいしかったです。途中、子供達も含め、みんなでお絵かき大会が始まり…動物を中心にお題が出され、絵心の全くない森画伯(僕)のありえないカバの絵が飛び出すなど、盛り上がり、本当に楽しい時間が過ごせました。とても、暮らしや食を大切にされているあたたかいご家族です。本当にお世話になっています。(このお便りもお届けしているので、あえてここで書くのは恥ずかしいですが)

 お絵かき大会での、子供たちの感性、普段の観察力には脱帽、本当に感心させられます。
カバの絵でも、大きく口を開いたモノを正面から描いてみたり、本当によく観ているんだなぁーと。
農業体験に来てくれている子供さん達を見ても、子供の可能性ってスゲーなぁーといつも感じています。
 
 一方で、取引先のオーナーが『大体のことはホントにやる気になればできる。本気になるか・なれないかが問題』も言っていたけれど、歳をとればとるほど、『これはできる、これはできない』の自己判断で、可能性を潰してしまっていることもあるのではとも感じました。(現実もみないといけませんけどね…(笑))
 
 感性・観る力といえば、有機農業も『観察力』が全てとも言われます。最近は、有機農業でも科学的な分析をもとに、勘や経験に頼らない方法を取り入れるやり方も増えてきていますが、やはり根本として大切なのは、植物を『観る力』が必要です。最近は慣れも出てきて、作物としっかり向き合うことが少なくなってきてしまっていますが(もちろんそこまで手をかけなくてもできる土台ができ始めたことはイイこと)、そこはいつまでたっても、大切にしないといけないなと感じました。
 
 今日は、取引先の飲食店の新年会に招かれ、久しぶりに焼肉たらふく食べて来ました。ここのところお呼ばれ続き。本当にあたたかいお客様に恵まれていることに、感謝です。

じゃがいも(アンデスレッド) 里芋(いなまる)にんじん 大根 小かぶ
小松菜 ネギ 山東菜 水菜 サラダからし菜
1月3週
今週の野菜BOXのお知らせです!

里芋 ネギ にんじん 小松菜 大根 生姜 しろ菜 水菜 小かぶ サラダからし菜 じゃがいも
上記の中から、サイズによって6 or 10品目入ります。

●生姜 今年初めて作付しました。新生姜としてお入れしていたのは『土佐一』という大きな品種。
    今回のは、小さめの金時生姜ですが、うまく育たなかったし、
    大きい方が用途も多いので、来年からは『土佐一』でいこうと思います。

●葉物 寒さで少し葉先が傷み始めていますが、一番味が乗って美味しい時期です!

●里芋 今回のは、今年初めてつくってみたいなべの『いなまる』在来里芋。トロトロ感は少ない  
    ですが、サッパリと荷崩れも少ない品種です。


リクエストいただいたので、
今年から、野菜BOXに毎回お入れしているお便りも一緒にアップします!
(大したこと書いてません&最近書いてることが毎回一緒なような…)
楽しみにして下さっている方もいるようで嬉しいです。

2012.01.18
 いつもありがとうございます!(今年はじめてお届けの方、今年もよろしくお願いいたします)
 年が明けたと思ったら、早くも1月後半へ。前半はだいぶゆっくり&さぼり気味だったので、ちょっと気分的にバタバタし始めました。
 2月に入れば、早くも夏野菜の育苗が始めるし、大豆レボの作業も遅れているし、そろそろ気合いいれなければ。といいながらも週末は、大学時代の友達との新年会に大阪へ。年末年始の高校時代の友達同様、ひさしぶりに合うと刺激になりますね。帰りは、数年ぶりに京都の街をブラブラ、帰りは大学時代を過ごした滋賀を通って(学生の街なので、メチャ変わってました)帰路へ。
 今日は、12月に一度手伝いに来てくれたTクンが、2度目のえん農に来てくれたので、育苗に使う踏込み温床(落ち葉の発酵熱をこの時期の温度確保に利用)の落ち葉拾いに。この時期にしては日差しもあり暖かくていい日でした。とりあえず2時間ほどで、2tダンプ1杯。全部で8杯くらい必要なので、まだまだ集めなくては。
ここのところ毎月の売り上げは少しずつですが順調に伸びているモノの、一番大切にしたい個人のお客様向けの野菜BOX(野菜は毎日身体のために食べるモノ、一番毎日の生活に必要としていただく、個人のお客様に食べていただくことが一番の理想です)の数が少し減少気味でしたが、ここのところ立て続けにご連絡をいただいたり、BLOGへのアクセスや、検索も増えていて何となくいい流れ。
 ついでに、今週からお取引先の飲食店も1件増えました。飲食店とのお取引は一時期、一気に増えましたが、長続きするところが少なかったこともあり、積極的には営業にいったりはしていませんでしたが、なんかいい感じのお店だったので、アポなしで突撃。前から気になっていたお店ですが、ひさしぶりにこちらから飛び込み営業に行き、使っていただけることに。前回も書いたけど、『直感』は大事にしていて、とても温かみのあるご夫婦のいい感じのお店でした。(まだ食事にいったわけではないけど・・・美味しいはず。詳しくはまたお知らせしますね)
 注文や取引が増えた時に、一番冬野菜の美味しい時期というのも、とてもいい流れだと感じています。せっかくなのに野菜が揃えられなかったりっていうのは、就農数年ではよくあること。まだまだ失敗も多く、全てが安定生産とまではいていませんが、ここ1年くらいで(冬の根菜に関しては)生産量、質ともに自信を持てるようになってきました。
 あとは、冬の葉野菜(キャベ・ブロ・白菜・ホウレン草など)と、夏野菜の長期的な安定供給が当面の課題。このあたりは野菜BOXのお客様にもご迷惑おかけしています、絶対美味しいモノをお届けしますので、長い目で見ていただけたら幸いです。

inoのヘルシーワンプレート
いつもお世話になっている桑名の cafe ino。

今週のヘルシーワンプレートは、ふんだんにゆうきの旬野菜を使ってもらってます!

冬野菜は、寒さに耐えながら、身体いっぱいに糖を蓄え、一番美味しくなる時期を迎えています!
o0480036011743187469.jpg

看板犬のダウロが迎えてくれます!!!ぜひ足を運んでみてください!!!

詳しくは、inoのBLOG↓より!

cafe ino ヘルシーワンプレート
今さらですが・・・
気づけば1月も後半へ・・・。


もう、『あけまして』・・・って時期ではありませんが、


今年もよろしくお願いいたします!!!

少し反省…。
無農薬で野菜を作ること。言うだけなら簡単やけど、実際はそう簡単ではない。

家庭菜園ではないので、作っただけでは、意味がない。

有機農業を生業として生きていくこと。できる人は限られている。



有機農家同士のパイの奪い合いは本来ではない。
でも、お互いが切磋琢磨していくことは必要やと思っている。

取引先で、別の生産者が何の断りもなしに入り込んでくる。イイ気はしないのは、僕も経験済み。

ただ、僕自身、現段階で自分の作れないモノは、
信頼できる(←ここ重要)仲間の生産者を紹介するし、
協力し合うことで取引先やそのお客様に満足や喜びが拡がるなら、

仲間(でありライバルでもある)と一緒に、
有機農業や、手をかけてきちんとつくられた本当においしい野菜
(『安全安心』は当たり前なのであえて言いません)が世間に広まることは本当に願っています。

有機農業が1つの職業の選択肢としてもっと拡がるためには、
切磋琢磨しながらのそれなりのイイ意味での競争は絶対必要だと思っています。




ほんの少しのボタンの掛け違いだと思っている。
それでも、今回のは、反省です。

自分に言い聞かせるために、敢えてブログにアップします。

最新記事
カレンダー&月別
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
耕作放棄地再生
15000㎡(約4500坪)           2010年4月末現在
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: