*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう
日本やりましたね!!!

観戦仲間が、インフルエンザと頭痛(先生しとるしインフルちゃうん?!)で離脱したので、
決勝ながら、自宅で一人で観戦。

ちょうどキックオフ直前に、
この雪のハウス倒壊をきっかけ(というわけではないけど)に野菜BOXを注文してくれた大学の友達から、
『野菜届いたよー!』ってメールが。

そーいえば、4年前のアジアカップは、その彼ともう一人の友達と大阪のスポーツバーでオーストラリア戦を見たことを思い出す。(彼はサッカー嫌い(笑)。ただW杯とか日本が盛り上がるときには顔をだしてくる、僕からしたら俄か野郎。しかも、相手はオーストラリアやったな。ドイツW杯の雪辱と云われ、高原の見事な反転からの同点ゴール⇒PK戦での川口の神懸かりストップで雪辱を果たす。今回は川島でしたね、ポカもするが当たった時はスゴイ、川口そのものですね)4年ごとに、こーゆーので少し昔を思い出す、やっぱサッカーってええね。

違う、ここで言いたかったんは、こんな時に野菜BOX注文してくれた大学の友達に感謝。ありがとう。


んで、全然話は違うけど、今日手伝いに来てくれたhttp://yukifarm.blog54.fc2.com/blog-entry-282.html『みちる畑』さんとか、


年末から出店してるオアシスの朝市村では、撤去ボランティア募集のチラシ置いといたら、結構みんな『日が合えば行くよー』って行ってくれたり。

チラシ配っときましたよって、朝市村の取りまとめとかやってくださってるまさき農園さんとか。

『撤去手伝います!!!』ってくれる野菜BOXを購入してくださっているお客さんとか。

とかとかとか。



オーガニック・無農薬とかなんか流行りみたいになってるけど、
曲がりなりにも『有機農業』というものに携わって5年目に入った。

今あらためて云うようなことでもないけど、
『有機農業』って、何かしらんけど、農薬を使わんと、有機肥料使って農産物をつくって売って。

そんな単純なモンじゃないなと。あらためて。

人・自然・いろんな物が有機的につながるからこそ。
スポンサーサイト
倒壊ハウス撤去開始!!!
気づけばハウス倒壊から、早くも2週間。
やっとこさ雪も解けそろそろ手をつけねば。

ただ…これを目の前にすると、いつかは手をつけねばならないながら、正直後回しにしたい気持ちでした。
今日からの積雪を考えれば、今日のタイミングでせめてビニールくらい外しておかないと、おそらく春先までほったらかし。
P1030804.jpg P1030802.jpg P1030798.jpg P1030799.jpg P1030800.jpg



そんな中、ハウス倒壊のBLOGを見て、真っ先に『1月中なら時間あるし手伝うよ』って電話をくれていた、
四日市で同じように新規就農で有機野菜を創っている同年代の『みちる畑』さんから、
『ハウスどう?今日なら行けるよって』メールが。

ありがとう。

お昼過ぎに来てくれて、今日はまずビニールの撤去に着手。
はじめてしまえば意外と早かった。もちろん手伝ってもらえたから。

みちるさん声かけてくれんかったら、おそらく今日は手つけてない。

本当にありがとう。

次は、骨組みの解体です。






『えん農』始めます!!!
今年は、米・大豆・蕎麦オーナーさんの体験イベント以外に、

『えん農』という形で、実際の農作業を手伝っていただきながら、
楽しんでいただくカタチの体験も始めます。

まずは、なかなか経験することのできない大雪で壊れたハウスの撤去、
ジャガイモ植え、夏野菜の種まきなどを予定しています。

現時点での予定です。天候・受入体制などによって変更あり。

2月上旬~随時 夏野菜種まき・育苗
2/ 6(日)  温床踏込み
2/20(日)  ハウス撤去 
  27(日)  ハウス撤去
2/26(土)  ジャガイモ植え
3/ 6(日)  味噌仕込み(大豆レボ2010オーナーさん限定)
3/13(日)  ジャガイモ植え(予備日)

えん農の予定は、BLOGにて随時アップしていきます。都合が合えばご気軽にご参加ください。
いなべ・桑名方面の宅配
桑名方面は、毎週木曜日、
いなべ方面は毎週金曜日に直接お届けしています。

野菜BOXは通常価格ですが、ヤマト便を使わず直接お届けします!(配送料はいただいておりません)

現在の配達ルートです。詳しくはお気軽にお問合せください!

~いなべ市内~
北勢町 阿下喜・飯倉・麻生田 
員弁町 上笠田・北金井・大泉
大安町 平塚・石榑東・石榑北

~桑名市内~
五反田・星見ヶ丘・大山田・松ノ木・新西方・松並町・新倉持・東方・矢田・中央町・新屋敷
藤原町内限定の宅配BOX
毎週金曜~土曜お届けの藤原町内限定BOXです。

(作業などの合間をみて直接宅配します。あらかじめご了承ください)


おまかせ10 約10種類 ¥2,000(通常¥2,350)
おまかせ5  約 5種類 ¥1,000(通常¥1,250)

お届け 毎週、隔週、月1回 の中からお選びください。
カフェ&レストラン店頭販売
毎週金土日に、いなべ市内レストラン・カフェ・ギャラリーの店頭にて、個別販売をしています。
数・種類に限りがありますので、なくなり次第終了ですが、お帰りの際に是非ご利用ください。

cafe Attente(いなべ市藤原町・カフェ窯焼パン)


洋食家さくら(いなべ市員弁町・洋食)

布の蔵 木花(いなべ市藤原町・ギャラリー)
1月3週
今週は、大雪で収穫困難なため、
保存野菜・根菜類中心でのお届けとなります。あらかじめご了承ください。
(お届けの野菜は100%露地栽培です!その分ハウス栽培とは、味が比べモノになりません!)

大根 ニンジン サラダ紅カブor赤丸大根 
里芋 ジャガイモ(デジマ アンデスレッド)
南瓜 冬瓜 ミニ玉ネギ
直売所
直売所いなべっこでの販売に関しては、品目・数・曜日を絞って出荷しています。

金曜の朝9時半~月曜まで、ニンジン(11月~翌3月)のみ出荷しています。
(たまにニンジン以外のモノも出荷することもありますが、
いろんな種類のご購入をご希望される方は、野菜BOXをご利用いただきますようよろしくお願いします。)



が目印です!よろしくお願いしまーす!
春・夏に向けて育苗準備~踏込温床~
P1030629.jpg P1030634.jpg P1030630.jpg P1030632.jpg P1030700.jpg

そろそろ春夏野菜の育苗が始まります。
育苗用のハウスが、無事だったことは、本当に不幸中の幸い。

育苗は、古畳で枠を作り、落ち葉をミルフィーユ状に米ぬかと何十層にも踏込み、
その発酵熱を温床として利用し、春夏の苗を育てます(踏込み温床)。

効率だけを考えると、昨年から、電気を利用した農業用のホットマットも導入したので、
落ち葉拾いから踏込みまで時間のかかる踏込み温床でなくてもいいのですが、
この腐葉土が来年の育苗培土に利用できたり、何より地域でただで手に入るモノを有効に活用できること、
またこれは気持ちの問題ですが、年が明けて山で落ち葉を集め始めることが、『今年も始まった!』という気の引き締めにもなり、これに関しては有機農業の知恵として、効率だけを求めず、来年以降も続けていこうと思っています。


去年は、木で枠を作りましたが少し強度に問題があったので、いい方法はないかと思っていましたが、
昨年踏み込み、かなり発酵分解の進んだ落ち葉(写真②~④)を、きのう外に出していたら閃きました!
(ってか去年気づけよ!)

2重ハウスに利用している建設現場用の組立足場に、単管と自在クランプで枠を(写真⑤)。
足場の幅は、1800mm!これが、古畳にぴったりサイズ!!!
これは、我ながらかなりエエ感じ。

小さいハウスやけど、トラクタや軽トラは入れるようにしてあるので、
トラクターのロータリ幅は1600mmで、1年経った落ち葉を粉砕するのも、
運び出すのもそれなりに効率的!!!

雪がとけたら、もう少し落ち葉を集めないといけません(写真① 現在2t車4杯くらい)が、
来週末くらいには、踏込み開始の予定です!


今日は、
このあたりは、大雪のニュースがメインになってるけど、

阪神淡路大震災から今日で16年なんやね。

神戸からは離れてるけど、小6やったけど、あの揺れは覚えとるもんね。

このあたりの揺れなんて神戸に比べたら、大したことなかったんやろうけど。

直接、身近なトコで被害などがあったわけでないから、

とってつけたようなことしか言えやんけど…

亡くなった方々は6434人。
現在、神戸市民の28%は震災後に市外から転入した人、10%は震災後に生まれた人らしいです。

今でも、その影響をうけとる人はおるやろうやし。


自然災害に対する意識は時間とともに薄れがちやけど、

こういった機会にあらためて、再認識し備え、

次の世代に伝えていかなアカンのでしょうね。
数年ぶりの大雪と、慢心と油断、教訓と。
P1030637.jpg P1030638.jpg P1030655.jpg P1030658.jpg P1030660.jpg P1030669.jpg

いやーよく降りますな。まだ降ってますわ。
こんな雪は数年ぶりです。


ハウスが潰れたのはショックには違いありませんが…。
もう今さらどうあがいても、バタバタしてもしょうがないので。


慢心と油断をこれからの教訓に。


年末から年明けて、3末~4月の端境期用の葉物をそろそろ播こうと思っていた矢先。
播いたあとじゃなかったこと、中に作物がなかったのが幸いだと思うしかないですね。
被害額も、何百・何千万円になるようなものではないので…。


片付け、春先、夏作のトマトなど、今後の作付計画に響いてくるのは正直イタイが。


ただ、いくら自然災害とはいえ、ある程度の雪は想定(想定以上の雪でしたが)できたし、
台風の時は、ビニール外したり、巻きあげたりしてんのやから、
今回もその対策をしておくべきだった、雪が滑り落ちなかったなら雪降ろしをするべきだった、
明らかな人為的ミスだと反省するしかありません。


幸いにも、ビニールハウスに頼った経営の体系ではないので、
今出荷している野菜は100%露地モノ。
露地モノの味は、ハウス物とは比べモンにならんしね。

もちろん失敗も多かったけど、あの夏も何とか乗り越え、
秋以降の出来は3年目に入り、なかなかエエ感じ、
ここのところお客さんも徐々にではあるけど着実に増え始め、
ちょっと調子に乗っとったな。


自然をモロに相手にした職業なのに、自然を甘く見た罰が当たったと、猛省です。


ハウスの片づけ、立て直し、作付計画が狂ったことは正直イタイけど、

いい教訓、授業料だったと。

ということで、気持ちを引き締め切り替え。春夏に向けて…。


……ハウス……崩壊……
moblog_f3ee6515.jpg

油断と慢心が招いた結果だと反省します。

あー雪とけたら片づけな。いらん仕事が増えた。
最新記事
カレンダー&月別
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
耕作放棄地再生
15000㎡(約4500坪)           2010年4月末現在
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。