*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤原へ。
今日いっぱいで、伊賀を離れ、完全に藤原に戻りました。

ここ数ヶ月は、週の半分以上を藤原で過ごしていたので、
何か変わるかと言えば、そんなに変らんけど、
今日でひとつの区切り。風呂なし生活とも、今日でおさらば。

(有機)農業の世界に飛び込んでちょうど丸2年。
恥ずかしながら、
小松菜とほうれん草の違いもわからんトコから始まった農業研修。
ナスもネギも嫌いやったし、春菊は未だに苦手。

たかが2年。
変化と言えば、サラリーマン時代についたお腹のお肉が多少スッキリした程度。
(体脂肪は1ケタながら、お腹だけは多少ポッコリ気味)
もちろん、机上では学べない、いろんなことを感じることができました。

ここ数年で、日本人の"食"に対する見方はだいぶ変わったんかな。
"食"を通して、"農業"に対する見方も。

農水大臣はここ数年で5人(?)も変わった。
食にかかわる偽装や問題は数えきれない。
先日、「市内の給食にも"汚染米"が」というニュースもあった。

農薬や化学肥料がエエとかアカンとか、自給率が何%とか、
そんなんじゃなって、
ただ、ごく自然に、安全でおいしい農産物が、
できる限り地元で、食べる人のもとに届けば、
何も難しいことも、困ったことも起きない…
ってまぁそんな簡単にできたら、みんなやってるんやろうけど。

作り手(生産者)の卵でありながら、
まだまだ消費者の視点があるけれど、それを大事にしていきたい。



2年たって、自分の中で、目標というか、ひとつの大きな夢みたいなモンが、
こんなにも、しっかりずっと続いていることが何より大きい。

いよいよ、これからが本当のスタート。

やりたいことは、いろいろあるけど、
まずは、(有機)農業でメシを食う者として、
ベースとなる足下をしっかりと固めること。
もちろんお金だけではなく、それが最大の目標ではないけれど、
それができんことには始まらん。

有機農業をやりたいという若者が増えているのは事実。
ただその反面、
成功した人を映すメディアがたくさんある裏には、
その逆もあり、そうあまいモノではない。

(有機)農業を目指す地方の若者が、(有機)農業を生業として、
充分、普通に食べていけるひとつのカタチを見つけたい。

しっかりとした方向性が見えるまで、4・5年が勝負かな…

がんばります。
スポンサーサイト
あと少し
2年間過ごした伊賀での生活もあと少し。

お世話になった農家での手伝いも明日で最後。
研修のスタートが、ちょうど2年前の同じ時期なので、
これで3回目の秋を迎えました。
全く何もわからなかったその頃と今では、
野菜を見る目や感じ方も少しは変わっているかな…?。

あとは、夏野菜と家の片付けをして、来週末には、完全に藤原に戻ります!

藤原の畑では、
早生タマネギ・大根・蕪・サラダごぼうの播種、白菜・ナバナの定植、
秋キュウリの支柱立て・誘引などなど秋冬野菜の準備が順調に進んでいます。

野菜の生育は…
定植直後のキャベツが集中豪雨に打たれ、根付く前に株元の土が流されたのが予定外。

定植後約1ヶ月のスティックブロッコリ
0916ブロッコリ

きのう定植したばかりの白菜
0916白菜

1つ目の畑がそろそろいっぱいになってきたので、
しばらく使う予定ではなかったもう1つの畑にも播種し始めました。
猿害のおそれがあるため、被害の少なそうな野菜(ゴボウ・ニンニクetc)を中心に作付しています。

姪っ子が3連休に遊びに来たので、サツマイモの試し掘りをしました。
もうだいぶ大きくなってきています。
0916サツマイモ


イモ掘したい方、ご連絡ください。体験していただけます。
(来年からは、イベントとしてきちんと案内を予定しています。)
9月
に入りました。

雨乞いでもしたかった程の、数週間前の天気がウソのような雨続きです。
雨が降らないのも困りますが、降り過ぎも困ります。


昨日・一昨日は久しぶりに気持ちのいい天気でした。
雨の前に、水菜・小松菜・ほうれん草・ミニチンゲンサイ・ラディッシュ・カブ・大根の播種、
スティックブロッコリ・キャベツ・サンチュ・リーフレタス・ネギを定植しました。

2回目のニンジンはしっかり発芽しました。
…が雨の前に急いで立てた畝(藤原の畑の土は水はけが抜群にいいので、平らな畝です)のため、所々凸凹で、このところの雨で水に浸かってしまう箇所が…

秋キュウリ
0902秋キュウリ
最新記事
カレンダー&月別
08 | 2008/09 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
耕作放棄地再生
15000㎡(約4500坪)           2010年4月末現在
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。