*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆうきの森・始動
070225森
『ゆうきの森』始動しました。
第1回の植樹を終えました。

っても僕のことなんで、まぁ適当ですけど。

まずは、家族で植えに行ってきました。
手伝ってくれたご近所さんもありがとう!
桜も植えて花見しようなー!

次はいつにしよっかな。
スポンサーサイト
森づくり
070225ふきのとう
『ゆうきの森』創りスタートしました。

じぃちゃんが子どもの頃植えたヒノキの林。
地中に伸びた根っこ・真っ黒でやわらかな土からは、
100年近い歴史を感じます。

今日は、オトンのれくちゃーにより、
(意外にも?)ユンボ初操縦。おもろかった。

明日は、
梅・イチヂク・栗・柿・キウイ・レモン・キンカンを植えます。

森では、フキノトウが新たな芽を出しています。
ゆうきの森
070211ゆうきの森
僕のblogトップページの写真'ゆうきの森,

自分が好きな僕は見た瞬間メチャ気に入りました(笑)

これは現在研修でお世話になっている農家とNPOが、
荒廃した農地を守り、農業を通して循環型社会を考え、
'ゆうきの森,を創り上げようというプロジェクトのパンフレット。

普段、有機野菜を買っていただいている消費者やその主旨に賛同した人が、
'みのりのオーナー'として自分の好みの実のなる木の植樹を行い、
5年間その木の所有者となり、生育を観察、管理、収穫し、
収穫物の5割を身体障害者の作業所に還元し加工などに役に立てる。
というもの。

マネごとではありませんが、僕も藤原に'ゆうきの森,を創ることにしました。
(っても、きのう思いついただけですが、マジやります!
↑ゆうきの森ほどしっかりしたものではありませんが)
ある意味、僕のがホンマの'ゆうきの森,やしv

何年後になるかわからんけど、農業研修を終え、地元に戻って就農した頃に、
実をつけてくれたらうれしいなぁーってくらいのモンです。

でも、子供たちが土に触れることさえ少なくなってきてる現在、
自ら木を植え、土に触れ、
数年後、自分の成長とともに、大きくなり実をつける木を観察し、
いろんなことを体で感じられることは単純にエエことやと思います。

また、IPCCの報告を聞くまでもなく、'不都合な真実,が話題になり、
今年の暖冬など何か自然がおかしくなっていることを身をもって感じられる現在、
地球の規模から見れば、ホンマちっぽけなことですが、
木を植えることでほんの少しでも、
自然に・地球に・環境問題に関われたらいいんじゃないかなって思います。

そこで…植樹してみませんか?

まだ日にちとか詳しいことは決めてませんが、
今月からボチボチ植樹を始めます。

もし少しでも興味をもってくれて、植樹してみたいたい!とか、
植樹に来れなくても、オレの名前をつけた木を植えてくれ!とか、
詳しく教えて~とか、
あれば連絡もらえるとうれしいです。

まぁ趣味みたいなモンなんで、気軽に楽しめたらエエかなと。

最近、日記が長すぎです。
最後まで読んでくれて、ありがとう。
節分。
070203節分夕日
久しぶりにキレイな夕焼けが撮れました。
あけましてもう2月に入りましたが、今年もよろしくお願いします。

今日は節分・立春です。
朝晩の冷え込みはまだまだ厳しいですが、昼間の日差しは春を感じさせます。
(きのうは寒過ぎでしたが…)

脱(落)サラを決意してちょうど1年。農民化計画1年目も1/3が過ぎました。
収入も休みも比べモンにならんくらい減ったけど、
自分が選んだ道は間違いではなかったと感じています。

僕の想いを知り、共感してくれたり、応援するよ!野菜買うよ!
って言ってくれる地元の友達や恩師。

お店が忙しい中で、カフェの店先に野菜を並べることを快くOKして下さった
小学校時代の恩師と大学時代の親友のお母さん。

なんやかんや言うて、一番協力してくれる家族の存在。

今はまだ何も始まってないけど、
いろんなところでいろんな人に支えられていることが、
自分の背中を押してくれていると実感しています。

世間では食や健康に関わる偽装や捏造が騒がれています。
偽装や捏造はモチロンありえへんことやけど、
それに躍らされたり、たった1日賞味期限が切れたモノを廃棄してしまう
社会にも問題があるんやろうとも感じます。

「食品の裏側」の著者の講演を聞いてきました。
スーパーに売っている多く(ほとんど)のものが白い粉(化学調味料)からできていることを痛感しました。
もともと食への関心から農業へ進んだ
(といってもまだ4ヶ月ですが…)わけではないですが、
有機農業に携わりながら、たまにはコンビニ食品も利用する者として、
いろんな矛盾や日本の食のあり方に疑問を感じました。

安くて簡単でキレイなモノが売れる世の中で、
高くて不揃いの有機野菜が世の中に広く受け入れられるのは
そう簡単ではありません。
でも、実際に有機農家で4ヶ月を過ごして思うことは、
間違いなく有機野菜は甘くておいしい=自然の力はすごいということです。
(だからといって、決して有機農産物なら
何が何でも安全・安心でおいしいとも限りません。
日本の農業がこれ以上衰退せず、
食糧自給率を少しでも上げるためには、
農薬が必ずしも悪いものであるとも思いません。
結局、消費者が何か自分自身の基準をしっかりと持って、
自分自身の判断で選択することが必要なんやと思います。)

だからこそ、敢えてそれにこだわり、
安心・安全でおいしいモノを創っていきます。

日本の農業を、農地・農村風景・自然の生態系を守るために、
国産の・地元の、お米を野菜を果物を、いっぱいいっぱい食べてください。

そして…もしよかったら僕の野菜も食べてみてください!

最後はちょっと宣伝になってしまうけど…僕が創った有機野菜届けます!
地元はもちろん桑名や四日市、
もちろん名古屋でも大阪でも東京でも(宅急便やけど)採れたてを届けます!
実家にいる人はもちろん、実家を離れている人も、
家族に・友達に、会社で・学校で、いっぱいいっぱい宣伝してください。

一応、ベタながら森有機農園(仮)でいこうと思っています。

よろしくお願いします。
最新記事
カレンダー&月別
10 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
耕作放棄地再生
15000㎡(約4500坪)           2010年4月末現在
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。